Work事例紹介
戸建てリフォーム

更新2020.07.30

スケルトンリフォームを構造別に解説

スケルトンは英語で「骨格」を意味します。スケルトンリフォームとは、柱や梁、床組といった骨格だけを残して後のすべてを壊し、間取りなども1から作り直せるリフォーム方法です。
古い建物であっても内装や外装、設備に配管などをきれいに一新できるため、法的に建て替えができない方(建築基準法で定められた幅員(幅)4m以上の道路に2m以上接した土地でなければ、原則として建て替えができない)やコストを抑えたい方に非常におすすめのリフォームです。
今回は住宅の構造別に、どのようにスケルトンリフォームができるのか解説します。

鉄筋コンクリート造のスケルトンリフォーム

鉄筋コンクリートの構造鉄筋コンクリート造は、なかに鉄筋を入れて強度を高めたコンクリートを壁や柱や梁に使用している建物です。鉄筋は引っ張る力に強く、コンクリートは圧縮に強いため、お互いが補い合って非常に強度の高い建物となります。
鉄筋コンクリート造の建物をスケルトンリフォームする場合、構造が大きな影響を与えます。

ラーメン構造の場合比較的自由にスケルトンリフォームを行える

ラーメン構造とは、柱と梁によって建物を支える構造です。ラーメン構造は、間取りをある程度自由に変更できます。壁が荷重を負担していない間仕切壁の場合には、部屋と部屋の間にある壁を壊して大きなひとつの部屋にしてしまうことも可能です。比較的自由にスケルトンリフォームを行えるといえるでしょう。

壁式構造のスケルトンリフォームは難しい?!

壁式構造では、鉄筋コンクリートの壁を利用して縦方向や横方向の力に対抗しています。遮音性、防音性に優れており、面で建物を支えているためラーメン構造よりも揺れに対しては優れていますが、そのぶん壁が過重を負担しているため、構造壁を撤去する間取り変更はできないと考えておきましょう。新たな窓やドアのために開口部を設けるというリフォームも難しいかもしれません。

鉄筋コンクリート造のリフォーム事例を見る

 

鉄骨造のスケルトンリフォーム

鉄骨造の構造鉄骨造は主に重量鉄骨と軽量鉄骨があり、鉄骨厚みが6ミリ未満の材料で組み立てられたものを「軽量鉄骨造」と呼び、厚み6ミリ以上の材料で組み立てられたものを「重量鉄骨造」と呼んで分類されています。
きちんとメンテナンスすれば、100年使い続けられるといわれているほど丈夫な鉄骨造。それぞれの特徴とリフォームの注意点を見て行きましょう。

1. 軽量鉄骨のスケルトンリフォーム

大手ハウスメーカーの多くは軽量鉄骨造です。また、その工法はハウスメーカー独自の工法で建てられているため複雑です。なかには筋交い(ブレース)で強度が保たれていることがありますが、このブレースによって間取り変更が制限されてしまうことがあり、これが軽量鉄骨は間取り変更が難しいと言われる理由です。軽量鉄骨のスケルトンリフォームを依頼する際は建築知識や経験が豊富な会社に依頼しましょう
また、軽量鉄骨(3ミリ以下)の耐用年数19年は木造の22年より短いため、錆び止め工事や補強によって寿命を延ばすリフォームが重要になります。

2. 重量鉄骨のスケルトンリフォーム

重量鉄骨造の住宅は柱が少ないため、リフォームを行いやすい構造体と言えます。
骨組みだけのスケルトン状態にすれば、比較的自由に間取り変更も行えるため、これまでとはまったく違った雰囲気のお家にできるかもしれません。
ただ、柱や梁の形が部屋の内部に出てくることがあり、柱や梁をいかに綺麗にデザイン処理できるかが、重量鉄骨のスケルトンリフォームのポイントです。

 

鉄骨造の最大の敵は「錆」です鉄骨が錆びると強度も耐用年数もガクンと落ちてしまいますが、スケルトンリフォームを行うことにより、鉄骨一つひとつ状態をチェックし、錆止めや補強をするといいでしょう。スケルトンリフォームで建物を新しくするだけでなく、寿命を延ばせるのです。

鉄骨造のリフォーム事例を見る

 

木造のスケルトンリフォーム

木造住宅のスケルトンリフォームは、鉄筋コンクリート造や鉄骨造とは異なるアプローチが必要です。もちろん、木造住宅も柱や梁、床だけを残して取り壊しリフォームを行うのですが、古い住宅では柱や梁、基礎の補強が必要になることが多々あります。例えば、シロアリに柱を食べられている、湿気によって基礎の一部が腐食してしまっているといったトラブルがあると、補強が必要です。
柱や梁を使って構造を作っている木造住宅を「軸組み工法」といいますが、スケルトンリフォームを行う場合は耐震性能に影響を与えている柱や梁は最も重要です。柱の撤去や移動は行えませんが、壁の撤去などによってひとつの部屋を広くするなどのリフォームが可能です

木造のリフォーム事例を見る

 

2×4造のスケルトンリフォーム

2×4の構造木造住宅で軸組み工法以外に、2×4工法があります。
2×4造は壁や床、天井が木材と合板で出来た面で構成されているため高い耐震性能を有しています。2×4造はサイコロのような箱型を造る構成なので、軸組み工法の住宅と比べても耐震性に優れていると言えます。ただし、面で住宅が構成されているので、「リフォームしにくい」「間取りの変更ができない」と言われることもありますが、2×4工法の基本的なルールを知っていれば、間取り変更ができるケースもあります。2×4工法のリフォームは経験と知識が必要になるので、リフォーム会社選びは重要です。

2×4造のリフォーム事例を見る

スケルトンリフォームは事前にプランニングと相談を

スケルトンリフォームは、今の家の内装や外装を一新できる大きなチャンスです。しかし、注意したいのはリフォーム会社のレベルによって「できること」に大きな違いがあるリフォームという点です。
そこで、スケルトンリフォームを考えている方は、住宅メーカーやリフォーム業者に前もって相談し、住宅の耐久性や耐震性、どのような間取り変更が可能なのか、事前にしっかり相談しましょう
十分な準備と相談を行い、リフォーム内容に納得した上で行うことがスケルトンリフォームを成功させる秘訣です