Work事例紹介
スケルトンリフォーム

更新2020.07.30

スケルトンリフォームが可能にする間取変更

近年、古い住宅を一新するためによく用いられている手法が、スケルトンリフォームです。スケルトンリフォームでは骨組みだけが残され、そのほかはすべてリフォームできるため、かなり自由なリフォームが可能になります。
さらに、スケルトンリフォーム時に耐震や断熱の補強。配管の交換などを行うことも可能です。しかし、何といってもスケルトンリフォームの大きなメリットは、間取変更ができること。では、スケルトンリフォームで行える間取変更について見ていきましょう。

ライフステージの変更に合わせたリフォーム

 

time for change

スケルトンリフォームでは、骨組みだけを残してからリフォームを行うので、ライフステージの変更に伴う大胆な間取り変更も可能です。 例えば、両親と同居することになったので、単世帯住宅を二世帯住宅にしたり、子供の独立を機にバリアフリーの終の棲家にリフォームすることもできます。憧れだった吹き抜けをスケルトンリフォームで実現する!ことも。
スケルトンリフォームでは、耐震性能が大幅に下がらない限り、通常のリフォームでは考えられない大胆な間取り変更が可能です

スケルトンリフォームの事例を見る

 

水回りの配置を変更する

水回りのリフォーム構想スケルトンリフォームでは水回りの配置を変更することも可能です。通常のリフォームではお風呂の内装を変更したり、キッチンを取り換えたりできますが、お風呂やキッチンを別の場所に移動することは難しいです。
しかし、スケルトンリフォームでは、キッチンやバスルームの位置を変える大幅な間取変更も可能になります。スケルトンリフォームを始めると、普段は床下に隠れている配線や配管もいったんむき出しになるので、配管の位置を見直すことができるためです。
 例えば、今まで独立型だったキッチンの位置を変更して対面式にしたり、バスルームを大きくしてバリアフリーにしたりすることも可能です。 配管の位置を見直すついでに、配管の劣化や水漏れの有無をチェックして修理しておくと良いでしょう。配管の修理だけを行いたくても、床をはがすなど大掛かりな工事の必要が出てくるので、スケルトンリフォームを利用して修理するのがベストです。

キッチンリフォーム事例を見る

バスルームリフォーム事例を見る

 

 

部屋の間取りを変更する

部屋のリフォーム構想 スケルトンリフォームは部屋の間取りを大きく変更することもできます。例えば、これまでリビングとダイニングとの間に壁があった家では、スケルトンリフォームで壁を取り払って大きなLDK(リビングダイニングキッチン)にできます。大勢のゲストを呼んでも手狭にならないような、広々としたリビングのレイアウトも可能です。これは、スケルトンリフォームの利点を生かした間取変更の一例です。この他にもお子様の誕生に合わせて、新たに壁や間仕切りを作って部屋を複数にするという間取変更も考えられます。
スケルトンリフォームでは、かなり自由に間取りを変更できます。大幅な間取変更を考えている方はスケルトンリフォームを検討するとよいでしょう。

間取変更リフォームの事例を見る

 

スケルトンリフォームと建て替えの一番の違いは費用

大幅に間取りを変更するのであれば、建て替えのほうが簡単です。しかし、スケルトンリフォームは建て替えと比較して費用を抑えることができます。どのくらいの規模の工事になるかによってスケルトンリフォームのコストは大幅に変動しますが、建て替えと比較すると、おおよそ60~80%のコストで実現可能です。同じ間取り変更を行うのであれば、スケルトンリフォームを行うことで浮いた費用を仕様のグレードアップや家具や家電の購入に充てることもできます。
また、スケルトンリフォームであれば思い入れのある家を生かしてリフォームができることもメリットの1つです。

大幅な間取変更ではスケルトンリフォームがお勧め

長年同じ住宅に住んでいると、耐震性能に不安があったり、間取に不満が出てきたりするものです。家に愛着がある方であれば、ぜひスケルトンリフォームによって不満や不安を解消しましょう。先祖代々受け継いできた歴史ある木造住宅も、骨組みはそのままに、快適な住宅に変えられます。スケルトンリフォームは、大胆な間取変更ができるだけでなく耐震補強や大規模な修理も同時に行えるので、それぞれを別々に行うよりもかなり費用を節約できます。 スケルトンリフォームを行っている住宅メーカーやリフォーム業者は多いので、ぜひ一度スケルトンリフォームについて相談してみてはいかがでしょうか。