Work事例紹介
スケルトンリフォーム

更新2021.06.03

スケルトンリフォームが可能にする間取変更

近年、古い住宅を一新するためによく用いられている工法が、スケルトンリフォームです。リフォームというと浴室やキッチンだけといった部分的なものを想像する方も多いと思いますが、スケルトンリフォームでは骨組みだけが残され、そのほかはすべてリフォームできるため、かなり自由なリフォームが可能になります。さらに、スケルトンリフォームでは、工事の際に内装などの変更だけではなく、耐震や断熱の補強や配管の交換などを行うことも可能です。しかし、何といってもスケルトンリフォームの大きなメリットは、既存の間取りから大幅な間取変更ができることでしょう。
そこで今回は、スケルトンリフォームで行える間取変更について詳しく解説していきたいと思います。

スケルトンリフォーム最大の特徴は大胆な間取り変更

スケルトンリフォームでは、住居内にある既存の設備や壁などを取り除き、柱や梁などのいわば「骨組み」だけの状態にして、新たに居住スペースをつくり直します。そのため、スケルトンリフォームでは部屋の間取りを大きく変更することが可能です。
例えば、これまではキッチンとダイニング、あるいはダイニングとリビングが壁や廊下によって分かれていた住宅では、壁をなくしそれぞれをひとつの空間に変えることによって、広々としたLDK(リビングダイニングキッチン)を新しく手に入れることができます。反対にスケルトンリフォームでは一旦壁を取り払い、また別の場所に壁を設けることによって、新たに部屋数を増やすことも可能です。昨今では新型コロナウイルス感染拡大の影響などにより、テレワークを行う人も増えているため、既存の住まいに新たに部屋数を増やすことで、「家族の存在が気になって仕事に集中できない」といったそれまで抱えていたストレスを軽減することも、間取り変更が行えるスケルトンリフォームなら可能です。 また、新築で住宅を購入し、立地や地域を気に入っていたり、代々その土地に住み続けていて、その土地を離れたくないが、建て替えが行えない地域や、行えても既存の住宅より規模を小さくせざるを得ない地域にお住まいの方は、新築同様の仕上がりが期待できるスケルトンリフォームは最適です。
中古住宅を購入する場合も、つい既存の間取りを気にしてしまいがちですが、スケルトンリフォームという選択肢があるということをあらかじめ知っておくことで、リフォームされていない分、価格が抑えられた住宅を購入することも可能ですし、既存の住宅で希望とピッタリの間取りやインテリアを探すのは難しいですが、スケルトンリフォームで思い通りの間取やインテリアに変えられると思えば、物件探しの選択肢も格段に広がるのではないでしょうか。

ライフステージの変更に合わせたリフォーム

time for changeこれまで快適だった住まいもライフステージの変更によって、そのライフスタイルは大きく変わります。お子様の誕生や独立。子供や親との同居。この様な大きな変更があった場合、同じ間取りの家に住み続けるのは難しくなります。スケルトンリフォームでは、骨組みだけを残してからリフォームを行うので、ライフステージの変化に合わせて大胆な間取変更ができます。
例えば、子どもの独立を機に子ども部屋をなくしてその分LDKを広くし、床の段差をなくしてスムーズな動線がとれたバリアフリー対応の終の棲家にリフォームすることも可能ですし、反対に、子どもや孫世代と同居をするために、これまで一世帯のみが生活していた住宅を大胆な間取り変更が可能なスケルトンリフォームなら、二世帯住宅にすることも可能です。
このように、スケルトンリフォームでは基本的に耐震性能が大幅に下がらない限り、通常のリフォームでは考えられない大胆な間取変更を叶えることができるのです

スケルトンリフォームの事例を見る

 

住む人のライフスタイルに合わせたリフォーム

立地や土地の広さ、価格などが気に入って中古住宅を購入したものの、家族構成や家族の人数が異なっていると既存の間取では快適な暮らしができないケースがあります。また、同じ家族構成でも、ライフスタイルはその家族によって異なるものです。例えば、収納ひとつとっても家族それぞれの個室に衣類を収納したいお宅もあれば、下着やパジャマは脱衣室に収納したいケースや、衣替えや洗濯物をそれぞれの部屋に運ぶのが手間なので、家族の衣類は衣裳部屋を設けてまとめて収納したいなど様々です。この様に、ライフスタイルが違う家に住むことは、些細なことでも毎日の積み重ねによって、案外ストレスが溜まるものです。近年では、新型コロナウイルスの影響で働き方が変わり、在宅ワークを行う方が増えました。新型コロナウイルスが終息しても、このまま在宅ワークが定着する見方も強まっています。その際、住まいには快適に働ける環境も求められることになります。また、ぺットを飼われた方もライフスタイルが変わると思います。室内飼いをするのであれば、ペットと快適に暮らせる住まいが理想的です。臭いや傷の問題はもちろん、犬や猫の習性に配慮した設備を住まいに取り入れることで、お互いがより快適に過ごせる住まいになります。
ライフスタイルに合った家は暮らしの中で重要な役目を果たしています。住まいが快適なら1日のスタートも軽やかですし、帰宅後のリラックスタイムもゆっくりと過ごすことができます。もし、今の家がライフスタイルに合っていないのなら、リフォームで改善することをおすすめします。

 

スケルトンリフォームの代表例

大胆な間取り変更が可能なスケルトンリフォームです。
ここでは、そのスケルトンリフォームを代表するリフォーム事例をご紹介します。

 水回りの配置を変更する

水回りのリフォーム構想通常のリフォームでもいわゆるタイルなどを使った在来浴室からユニットバスに変更したり、反対にユニットバスからヒノキなどのこだわりのある在来浴室に変えたりすることがあります。また、キッチンを扉式のものから引き出し式のものに変えたり、洗面台をシャワー機能付きのものに変えたりすることも可能です。これらの設備機器を入れ替えるだけのリフォームは、小規模な工事であれば2~3日で完了しますが、基本的に浴室やキッチンなどの水まわりの位置を変えることはしないのが一般的です。しかし、スケルトンリフォームでは居室だけではなく、通常難しいと言われる浴室やキッチンなどの水回りの配置をガラリと変更することも可能です。もちろん、マンションなどの集合住宅の場合には制約があったり、建物の構造によっては100%自由な位置に変えることが難しいケースもあります。しかし、基本的にスケルトンリフォームでは、普段は床下に隠れている配線や配管もいったんむき出しになるため、配管の位置の段階から見直すことができるのです。
実際の例としては、調理中はリビングやダイニングにいる家族に背を向ける形になる壁側に配置されたいわゆる「I型」のキッチンを、「アイランド型」や「Ⅱ型」といった調理中もLDKを見渡せる対面式タイプに変更するといったリフォームがイメージしやすいかもしれません。もちろん、独立していたキッチンをリビングダイニングに取り込んでLDKに変更しることもできますし、1階にあったキッチンを2階に移動することも可能です。また、円形のバスタブに変更したいが、今の浴室のスペースには収まらないなどの場合は、隣の納戸や居室をバスルームに取り込むなども行えます。今注目を浴びている、まるでホテルのようなホテルライクなバスルームにリフォームすることも可能です。なお、スケルトンリフォームによって水まわりの配置を変更する場合には、基本的に床下の配管の位置を見直すことになるため、床を剥がすなどの大がかりな工事が必要となります。そのため、スケルトンリフォームを行う際には、その手間を有効利用して、配管の劣化や水漏れの有無をチェックし、場合によってはこれを機に配管の新しいものに変更しましょう。スケルトンリフォームならではの手間を有効利用することをお勧めします。

キッチンリフォーム事例を見る

バスルームリフォーム事例を見る

 

 

部屋の間取りを変更する

部屋のリフォーム構想 スケルトンリフォームは部屋の間取りを大きく変更することもできます。例えば、これまでリビングとダイニングとの間に壁があった家では、スケルトンリフォームで壁を取り払って大きなLDK(リビングダイニングキッチン)にできます。大勢のゲストを呼んでも手狭にならないような、広々としたリビングのレイアウトも可能です。これは、スケルトンリフォームの利点を生かした間取変更の一例です。この他にもお子様の誕生に合わせて、新たに壁や間仕切りを作って部屋を複数にするという間取変更も考えられます。
スケルトンリフォームでは、かなり自由に間取りを変更できます。大幅な間取変更を考えている方はスケルトンリフォームを検討するとよいでしょう。

間取変更リフォームの事例を見る

 

スケルトンリフォームとリノベーションの違いは工事の規模

近年耳にすることも増えた「リノベーション」という言葉ですが、「スケルトンリフォームとどう違うの?」と、なんとなく疑問を感じている方もいるのではないでしょうか。
まず、「リフォーム」と「リノベーション」の違いについてですが、これは正直なところ同じ意味で使われている場合も多く見られます。ただ、「リフォーム」は古くなって状態が悪くなっているものを直すという意味合いが強く、一方の「リノベーション」は既存の空間に更に手を加えることによって、その価値を高めるような意味合いで使われていることが多いようです。
そして、スケルトンリフォームとリノベーションの違いについてですが、リノベーションの場合は必ずしもスケルトンリフォームのように躯体だけの状態にしてから全てを新しくするわけではないという点です。スケルトンリフォームは躯体のみの状態で行いますので、耐震補強が行えたり、断熱材を入れ替えたり、配管や配線を新しいものに変更できます。リフォームの規模が大きい順に並べると、スケルトンリフォーム、リノベーション、リフォームというイメージになります。

スケルトンリフォームと建て替えの一番の違いは費用

COST工事の規模や戸建てか集合住宅かにもよりますが、スケルトンリフォームを行う場合、その工期は一般的に2~5ヵ月程度かかることも珍しくありません。そのため、とくに戸建ての場合は「躯体だけを残してあとのものを全部新しくしてしまうなら、いっそのこと立て替えてしまった方が躯体も新しくなるし、手っ取り早いのでは?」と考えてしまう方もいらっしゃるかと思います。しかし、スケルトンリフォームは建て替えと比較して費用を抑えることができます。どのくらいの規模の工事になるかによってスケルトンリフォームのコストは大幅に変動しますが、建て替えと比較すると、おおよそ60~80%のコストで実現可能です。同じ間取変更を行うのであれば、スケルトンリフォームを行うことで浮いた費用を仕様のグレードアップや家具や家電の購入に充てることもできます。
また、スケルトンリフォームであれば思い入れのある家を生かしてリフォームができることもメリットの1つです。

【まとめ】大幅な間取変更ではスケルトンリフォームがお勧め

長年同じ住宅に住んでいると、耐震性能に不安があったり、水回りの劣化や間取りに不満が出てきたりするものです。家に愛着がある方であれば、ぜひスケルトンリフォームによって不満や不安を解消しましょう。先祖代々受け継いできた歴史ある木造住宅も、骨組みはそのままに、快適な新築同様の住宅にリフォームできます。スケルトンリフォームは、大胆な間取変更ができるだけでなく耐震補強や大規模な修理も同時に行えるので、部分リフォームを何度も繰り返すより、かなり費用を節約できます。
また、マンションなどの集合住宅の場合、外観のイメージを変えることはできませんが、スケルトンリフォームをすることによって普段の生活の場となる住宅内部は現代的で新築同様の状態にすることはもちろん、マンションの規約によっては水回りの間取変更も行えます。
ただ、スケルトンリフォームの注意点として挙げたいのは、リフォーム会社の選別です。スケルトンリフォームは躯体も伴う大規模なリフォームのため、多くの経験と高い技術を要します。また、躯体の状態や構造体を正しく理解しなければ、住まいの安全性にも大きな影響を及ぼします。スケルトンリフォームを行うのであれは、お住まいの構造体に精通し、スケルトンリフォームの実績が多いリフォーム会社に相談することをおすすめします

スケルトンリフォーム事例

クラフトスピリッツが手掛けたスケルトンリフォームの事例紹介です。

  • 家とお金の交換
  • クリニックで診察する患者と医師