Work事例紹介

リフォームで考える愛猫の爪とぎ対策!

ペットブームと言われて久しい昨今、3世帯に1世帯の割合でペットを飼っているとも言われています。その中でも近年人気を集めているのが「猫」。2017年には犬の飼育数を超えたと多くのメディアでも取り上げられました。犬に比べて、散歩やしつけなどの問題が少なく、飼育しやすい点が人気の理由のようです。
そんな飼育しやすいと言われる猫にも犬と比べて困る点も。猫の飼育の問題点としていつも上位にあがるのが「爪とぎ」です。犬には無い習性ですね。ペットOKの賃貸物件でも犬より高い敷金を求められたり、小型犬はOKなのに、猫はNGな場合もあるそうです。

愛猫家の爪とぎ対策を実例でご紹介

愛猫との生活で困る爪とぎ。お気に入りの椅子やソファで爪とぎをされ、
ボロボロになってしまった…という経験をお持ちの愛猫家も多いのではないでしょうか?
リフォームで理想の住まいをお考えの方にも悩ましい問題です。
そんな愛猫家がどの様なリフォームを行ったのか実例を交えてご紹介します!

爪とぎから守る ―猫部屋編―

リフォームをお考えの方なら、憧れの家具やインテリアのイメージが具体的にある方も少なくないと思います。5匹の愛猫と暮らすAさんはリフォームを機に憧れていたB&B Italiaのソファを中心にインテリアを一新したいとご希望されていました。
でも、そんな夢のインアリアが愛猫によってボロボロにされてしまうのは悲しいですし、だからと言って憧れの家具を諦めてしまうのもやるせない…。
そこで、愛猫対応のお部屋をつくることにしました。愛猫に留守番を頼む際は、猫部屋に居てもらうことにしたのです。不在時って普段はしないイタズラをしがちですからね。
猫部屋は爪とぎしにくいパネル素材を壁や床に採用し、お手入れもし易くなっています。庭に面して大きな窓のある猫部屋は愛猫にも好評で、多くの時間を猫部屋で過ごしているとのこと。おかげでインテリアもきれいな状態を保てているそうです。

爪とぎから守る ―家具のチョイス編―

家具の生地を引っ掻いてすぐダメにしてしまうのがお悩みのBさんは、リフォームの際に新調する家具やカーテンを、愛猫の爪が引っかかり難い家具や生地を優先的にセレクトしました。
Bさんのお宅のダイニングチェアはスティール製。スティールなら爪とぎで椅子をダメにしてしまう心配もなく、背座にはポリウレタンフォームが施されているため弾力性のある快適な座り心地も両立されています。
ソファは好みのフォルムを選び、生地選びを愛猫が爪とぎし難い素材をチョイスしました。猫には爪に引っかかる感触の好みがあり、好みの素材でないと見向きもしないため、その点を把握しておくのも大切です。ちなみにBさんはベルベット調の生地をチョイス。生地の滑りが良く、爪が引っ掻け難いので爪とぎには向かない素材とのこと。ラグは買い替えを想定し、費用を抑えてメリハリのあるコーディネートに仕上げています。

それぞれ異なるアプローチでしたが、愛猫との新たな暮らしに向けたリフォームで快適な生活をスタートされています。
折角リフォームをして生まれ変わった我が家。いつまでもキレイな状態を保ちたいものです。
「愛猫が居るから…」と諦めてしまうまえに、お互いが快適に暮らせる方法を模索してみてはいかがでしょうか。

事例を見る