Work事例紹介

Reform Life
【リフォーム会社の選び方】

失敗・後悔しない リフォーム会社の選び方5つのポイント!

リフォームを検討している皆様のお悩みで多いのが、リフォーム会社の選定ではないでしょうか。
数多あるリフォーム会社。信頼できるリフォーム会社はどこなのか?
どこに頼んだら希望のリフォームが行えるのか?
リフォーム会社選定の5つのポイントをご紹介いたします。

1. リフォーム会社のタイプを知る

まずは、一般的にどんなタイプのリフォーム業者があるのか、ご紹介したいと思います。

代表的な4タイプをご紹介しますが、この他にも、電気・ガス・水道といった設備系にホームセンターや家電量販店に最近ではデパートなどもリフォーム事業に参入しています。

●ハウスメーカー系
ほとんどのハウスメーカーが、子会社や事業の一部としてリフォーム事業をしています。
リフォーム事業だけでテレビコマーシャルを行っていたり、近年リフォーム事業に力を注いでいるハウスメーカーも多いです。

 

ハウスメーカー系のメリット

  • ・事業規模が大きく倒産などの心配が少ない
    ・実績が豊富
    ・新築時のハウスメーカーなら自社オリジナルの構造体を熟知

ハウスメーカー系のデメリット

  • ・料金が割高
    ・リフォームに対する発想や自由度が低い         

 

ハウスメーカーのリフォームには個性的なデザインは少ないですが、
安定した品質やアフターフォローなど安心感を求められる方におすすめです。

 

 

●リフォーム専門系会社系
リフォームを専門に行っているため、小規模な増改築や部分リフォームなど幅広く行えます。
地域密着型の事業を展開している会社が多いため、その地域の特徴や傾向など説明しなくとも伝わるやり易さがあります。

 

リフォーム専門会社系のメリット

  • ・地域密着型が多いためフットワークが軽い
    ・特色を打ち出している会社が多いため好みを選びやすい

リフォーム専門会社系のデメリット

  • ・事業規模が小規模~中規模が多く経営基盤に対する懸念
    ・得意分野以外のリフォームが苦手

 

事業体が大きくないので、設計業務が必要な大規模リフォームは苦手。
マンションリフォームを主に行っていたり、修理・修繕リフォームが中心だったり、インテリアも得意分野に絞っていることが多く、
リフォーム専門会社の得意分野と自分が求めるリフォームの目的が合致し、実績や経験が豊富にある会社を選ぶことが大切です。

 

 

●設計事務所・建築家
デザイン性の高い大規模リフォームをお考えなら、設計事務所や建築家の方に依頼するのも選択肢のひとつです。
近年リフォーム・リノベーションが注目され、今までリフォームを受けていなかった設計事務所や建築家も
積極的にリフォームを行う傾向があります。

 

設計事務所・建築家のメリット

  • ・自由な発想と高いデザイン性やこだわりを実現できる       
    ・新築と大差ないリフォームが可能

設計事務所・建築家のデメリット

  • ・トラブルの際に設計事務・建築家と施工店で責任が不明確になりがち
    ・設計事務所・建築家の「作品」を優先されがち

 

インテリア雑誌に出てくるようなリフォームを行いたいなど、
高いデザイン性を求める方におすすめなのが設計事務所・建築家のリフォームです。
初期段階でのコストの不透明さはありますが、唯一無二のこだわりの空間は、何ものにも代え難い価値を生むと思います。

 

 

●フランチャイズ系
LIXILやTOTOなど自社の製品を使ったリフォーム提案。
全国に店舗があり、フランチャイズになることで施工業者側としても一定品質を保つ必要があるため、
ハウスメーカーのような安心感があります。

 

フランチャイズ系のメリット

  • ・大手メーカーと契約しているため、一定の品質がある
    ・メーカーの製品を割安で使用できる

フランチャイズ系のデメリット

  • ・リフォームの自由度が低い
    ・店舗(代理店)によっての差異を把握し難い   

 

キッチンやバスルームなど設備のリフォームで、すでに希望の商品が決まっている場合は
加盟店なら通常より割安で行え、その製品にも精通しています。
水回りなどの部分リフォームに重きを置いている場合などはお得にリフォームができそうです。

リフォームを行う業者には得意分野があり、それ以外は実績が少なくノウハウが乏しいということが多々あります。どんなに評判が良くて技術のある業者でも、自分の希望とは異なるリフォームを得意としている場合、満足するリフォームになるとは限りません。

修繕が得意な業者、デザインが得意な業者、設備の修理が得意な業者など、リフォームしたい内容に合った業者に依頼することが肝心です。

2. 希望に合う実績が豊富にあるか

リフォーム業者のタイプがわかったところで、希望するリフォームと類似する内容の実績が豊富にあるかをチェックします。
業者のタイプの説明でもお話しましたが、業者には得意分野があるものです。リフォームの規模の他にも、インテリアのイメージ、ローコストやラグジュアリーなリフォームなどさまざまです。規模感やインテリアのテイストなど、希望している実績が豊富な業者をピックアップしていきましょう。

3. 信頼関係できる業者かどうか

気になるリフォーム会社があったらホームページやパンフレットなどに記載されている「会社概要」をチェックしましょう。
そこに掲載されている、建設業許可番号や一級建築士や技術者の有無、リフォームや建設関連の団体への所属や資本金などをチェックします。
「建設業許可番号」を取得していれば、請負代金500万以上の工事ができる会社ということになるので、大規模リフォームなどを検討されている場合は必須項目となります。「建設業許可番号」には「一般」と「特定」の2種類あり、「特定」は「一般」に比べて多くの規制が強化され、専任技術者や財産的要件などに厳しい条件があり、取得が難しくなっています。

4. 保証や保険、アフターサービスの制度がしっかりしているか

リフォーム後の対応をしっかり行ってくれる会社かどうかも、きちんと確認しておきましょう。担当者の退職と共に、アフターフォローが手薄になるというケースもあります。補償内容やアフターフォロー、専用の窓口を設けているかなども事前に確認して置くことが大切です。
また、リフォーム瑕疵担保責任保険の有無なども確認した方がよい点です。
リフォーム瑕疵担保責任保険はリフォーム工事部分の瑕疵(欠陥)があった場合に、補修費用が保険でカバーされます。また、リフォーム事業者が倒産等の場合は、リフォーム発注者に直接保険金が支払われます。
リフォーム瑕疵保険へ加入する事業者は保険法人へ事業者登録が必要です。保険法人の中には登録された事業者について、保険利用件数などの情報を公開する保険もあるようですので、ひとつの指標にしてみても良いと思います。

5. プラン提示がわかりやすいか

希望するリフォームの実績が多くあり、信頼できるリフォーム業者が選定できたらプランをお願いしてみましょう。
依頼するリフォーム業者が多くなれば、それだけエネルギーと時間が必要になりますので、
プランはある程度絞って依頼するのが良いと思います。

「こんなはずじゃなかった…」となる大きな要因は、
リフォーム業者とオーナー側の意思の疎通がきちんとできていなかったことが挙げられます。
プランの提示でもリフォーム業者の傾向がわかるので、チェックしておきましょう。

 

  • ・CGやサンプルなど視覚的な説明があるか。
    ・要望のみを落とし込んだプランではなく、プロとしての提案や見解があるか。
    ・メリットデメリットの説明はあるか。
    ・見積内容は詳細か。
    ・工事開始後に起こり得る追加工事の説明があるか。

建築のプロではないかぎり、図面だけで空間を立体的に理解できる人は少ないと思うので、わかりやすく提案を行ってくれることが重要です。また、要望のみを取り入れているプランは“一流”とは呼べません。言われたことだけを行うのは簡単です。
リフォームでは壊してみないと分からない部分もあります。壁を剥いだら躯体が雨漏れに浸食され、補強しなければいけない状況だったなど、あり得ることです。デメリットもきちんと説明してくれる業者を選びましょう。
その他にも、質問に専門用語を使って回答する、見積内容に「一式」が多く項目が少ないなどにも注意が必要です。

上記のポイントで挙げたように、リフォーム業者の選定は、
個人によって重視するポイントが異なるため、一概に特定のリフォーム業者をおすすめすることができません。
また、「大手だから安心」とも限りません。
近年では、大手メーカーでも改ざん問題なども起こっています。
安さを基準にしたリフォーム業者選びも注意が必要です。
日用品とは違い、リフォームは家族が暮らす家に関する費用です。
その後何年、何十年と長きに渡り暮らしていく家を、安物買いの銭失いとならないように気を付けてください。

お客様の多くは、リフォームや建築、工事などの知識が無い方がほとんどです。
共通したポイントをあげるなら『わかりやすい説明とお客様の立場に立って考えてくれるか』ではないでしょうか?
これは、どんなことにも当てはまることですが  “ 基本が大切 ” です。
基本ができていないことは案外多く、専門性が高ければ高いほど、基本が大切なのではないでしょうか。
また、その基本のひとつとして担当者との相性もあります。

最終的には人と人です。

良いリフォームとの巡り合いは、いい人との巡り合いなのかもしれません。