Work事例紹介

Reform Life
【建て替え orリフォーム問題】

どっちがいいの? 建て替え orリフォーム問題

新築からリフォームまで対応できるアーネストグループだからこそ分かるメリット・デメリットをご紹介します。

まずはプロの診断で住まいの現状を知る

当社でも良く質問を受ける、建て替えかリフォームかというお悩みについて。
スケルトンリフォームや全面リフォームなど、躯体部分だけを残してリフォームをする場合、間取りの変更や開口の大きさなども自由に変更でき、新築と間違えてしまうリフォームも躯体によっては可能ですが、形状や建物の大きさは変わりません。

また、建て替えかリフォームかを判断する時に築年数はあまり目安にならないことが多いです。
その家の状況により、築15年でも雨漏れやシロアリなどの被害で躯体の劣化が進行しているお宅もありますし、築30年でも基礎がしっかりしているお宅もあります。

なので、まずはプロに現状の住まいを見てもらうということが大切です。
家の状況がわかっていない状況では適切な判断はできません。

でも、いきなり住宅メーカーやリフォーム会社に見てもらうのは気が引けるし、営業を受けるのも困る・・・。
という方は、家を診断する専門の業者に頼んでみてはいかがでしょうか?
NPO法人「日本ホームインスペクターズ協会」ホームページから
独自の認定試験をクリアしたホームインスペクター(住宅診断士)を検索することができます。
費用は各会社で異なりますが6~7万円前後。
より詳しく調べる場合は10万円以上の費用になることが多いようです。

メリットデメリットで考える

リフォーム・建て替えのメリットデメリットをご自身の要望に当てはめてみる。
リフォームのメリットとしては、コスト、工期。
工事費だけではなく解体費や仮住まいなどの諸経費も建て替えに比べてリフォームの場合コストカットが可能です。
また、建築基準法や条令の改正で建て替えができなくなった土地、建て替えると今の家よりも小さな家しか建てられない土地など、
必然的にリフォームの選択となる場合があります。

事前に各市町村に問い合わせ、自分の家が建っている土地にどのような規制がかかっているのか、事前に確認が必要です。

建て替えのメリットはズバリ自由度です。
いくらスケルトンリフォームだからと言っても、何もないところに一からつくるのでは、その自由度は異なります。
また、保証制度や住宅ローン制度が充実しているため、大規模リフォーム+金利をトータルすると
建て替えと変わらなくなってしまうという落とし穴もあります。

家づくりでこだわりたい部分はどこなのか?

「吹き抜けも欲しい。」「間取りも大幅に変えたい。」「大開口が欲しい。」など、もちろんリフォームでも可能な場合はありますが、現状の住まいの状況や構造で可能不可能があり、躯体を大幅に変えるのなら建て替えの方が適している場合もございます。

また、「フローリングを無垢材にしたい。」「壁の一部を石張りにしたい。」「シャンデリアが欲しい。」
など仕上げ材やインテリアにこだわりたい場合、リフォームでコストを抑えたことでワンランク上の商材を使用することが可能になることも。

家づくりのこだわりや優先順位が建て替えかリフォームかの判断につながる場合もあるので、夫婦、ご家族で相談してみてください。

どちらも請け負える企業のジャッシを目安に

お客様の中に「リフォーム会社はリフォームの方が良いと言うし、
住宅メーカーは建て替えの方が良いと言うので、どちらが良いのかわからない。」というお悩みを抱える方もいらっしゃいます。

業者さんは自分の会社で進めて欲しいので、そう言うのは当然かもしれません。
その場合、疑問に思っていることはとことん質問してください。遠慮はいりません。

そうは言っても眼力に自信が無い…。という方は、同じ会社の事業部に新築、リフォームどちらも行っている会社の話を聞いてみる。

その際の注意点は営業担当者が変わらないこと。
同じ会社でも事業部ごとで担当者が変わってしまうと、ライバル関係にあることも少なくありません。

そのジャッシを基本にリフォームだったらリフォームプランで、建て替えだったら新築で数社にプラン依頼をして、選考するのもひとつの方法だと思います。

広がる選択肢で家づくりそのものを楽しむ

建て替えかリフォームか悩ましい問題ですが、考え方を変えれば悩めるということは選べるということ。

近年のリフォーム・リノベーションブームで、今までリフォームを手掛けていなかった建築家も全面リフォームを積極的に行う傾向になり、益々選択肢が増えることが予想されます。悩みは尽きませんが、嬉しい悲鳴と思って家づくりを楽しむことが一番ではないでしょうか。

お施主様から「家が完成して嬉しいですが、毎週のように行っていた打合せが無くなり、少し寂しい気もします。」というお声を頂くことが多くございます。家づくりは人生の一大プロジェクト。家づくりをきっかけに夫婦や家族の会話が増え絆が深まるチャンスでもあるんです。

その一大プロジェクトを家族一丸で成し得た感動はひとしお。
ぜひ、家づくりそのものを楽しんで頂きたいと思います。